訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジャン・カルヴァンJean Calvin

神学者[フランス]

(ユリウス暦) 1564年 5月27日 死去享年56歳

ジャン・カルヴァン - ウィキペディアより引用
ジャン・カルヴァン(フランス語: Jean Calvin、1509年7月10日 - 1564年5月27日)は、フランス出身の神学者。
マルティン・ルターやフルドリッヒ・ツヴィングリと並び評される、キリスト教宗教改革初期の指導者である。
また、神学校として1559年に創設されたジュネーヴ大学の創立者である。
カルヴァンの神学は、ルター派など一部を除き教派の違いを超えてプロテスタント諸派に大きな影響を与えた。
プロテスタント教会のひとつ改革派教会は彼の思想的流れを汲む教会である。
生涯 1509年フランス北部ピカルディ地方のノワイヨンで法律家の子として生まれる。
1523年14歳でパリ大学に留学し、哲学、神学を学び、その後法学を学んでブルージュ大学を卒業。
人文主義的な教養を身に付けた。
ルキウス・アンナエウス・セネカの『寛容書簡(寛容について)』を翻訳し、1532年にパリで刊行。
1533年頃、突然の回心を経験したという。
1534年、パリで檄文事件が起こるとプロテスタントへの弾圧が激しくなり、バーゼルに亡命した。

「ジャン・カルヴァン」と関連する人物(故人)

マックス・ヴェーバー アドルフ・ヒトラー シュテファン・ツヴァイク

↑ PAGE TOP