訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ルイ11世Louis XI

フランス国王[フランス]

(ユリウス暦) 1483年 8月30日 死去享年61歳

ルイ11世 - ウィキペディアより引用
『ルイ11世 (フランス王)』より : ルイ11世(Louis XI, 1423年7月3日 - 1483年8月30日)は、フランス・ヴァロワ朝の王(在位:1461年 - 1483年)。
慎重王(le Prudent)と呼ばれる。
事績 シャルル7世とヴァロワ=アンジュー家のマリー・ダンジューとの子として、ブールジュに生まれる。
その敵たちには忌み嫌われて、「遍在する蜘蛛」(l'universelle araigne)という奇妙なあだ名を付けられていた。
その陰謀は父シャルルへも発揮され、何度も父王の退位を謀ったが失敗した。
1436年にスコットランド王ジェームズ1世の娘マーガレットと結婚し、この結婚によりブリテン島の政治に関心を持つ。
大陸での強敵ブルゴーニュ公国が薔薇戦争ではヨーク家を支持していたため、対抗措置としてランカスター家出身の王ヘンリー6世を復帰させるべく策動した。
マーガレットは王に顧みられなかったため、詩作に短い生涯を捧げた。
彼女の死後1451年に、ルイは8歳のシャルロット・ド・サヴォワと政略結婚を行う。
1461年の即位以来ルイは、近隣の大諸侯の権力を減殺するのに余念がなかった。