訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

明治天皇(めいじてんのう)

第122代天皇[日本]

1912年 7月30日 死去尿毒症享年61歳

明治天皇 - ウィキペディアより引用
明治天皇(めいじてんのう、1852年11月3日(嘉永5年9月22日) - 1912年(明治45年)7月30日)は、日本の第122代天皇。
諱は睦仁(むつひと)。
御称号は祐宮(さちのみや)。
お印は、永(えい)。
倒幕・攘夷派の象徴として、また近代日本の指導者と仰がれた。
その盛名により戦前・戦中には明治大帝、明治聖帝、睦仁大帝(Mutsuhito the Great)とも呼ばれた。
生誕から即位まで 孝明天皇の第二皇子。
生母は権大納言・中山忠能の娘・中山慶子。
嘉永5年9月22日(1852年11月3日)13時頃、京都石薬師の中山邸にて生誕。
9月29日、父・孝明天皇から祐宮(さちのみや)という幼名を賜る。
安政3年(1856年9月29日)に宮中に移るまで中山邸で育つ。
万延元年(1860年)閏3月16日、予定より2年遅れて深曽木の儀を行う。
7月10日、儲君と定められ、准后・九条夙子の実子とされる。
9月28日、親王宣下を受け睦仁という諱名を賜る。
元治元年(1864年)7月20日、長州藩兵が御所を攻撃して敗退する(禁門の変)。