芸能人・経営者のおくやみ情報

クリストフ・ヴィリバルト・グルックChristoph Willibald von Gluck

作曲家[ドイツ]

1787年 11月15日 死去享年74歳

クリストフ・ヴィリバルト・グルック - ウィキペディアより引用
クリストフ・ヴィリバルト・グルック(Christoph Willibald (von) Gluck, 1714年7月2日 - 1787年11月15日)は現在のドイツに生まれ、現在のオーストリアとフランスで活躍したオペラの作曲家。
バレエ音楽や器楽曲も手懸けたが、現在では歌劇《オルフェオとエウリディーチェOrfeo ed Euridice 》によって、中でも間奏曲〈精霊たちの踊り〉によってとりわけ有名。
オペラの改革者として歴史に名を残す。
ただし、ドイツ語オペラは1作も書いていない。
生涯 バイエルン・オーバープファルツのエラスバッハ Erasbach(現ドイツ)出身。
父親はボヘミア系の貴族ロプコヴィツ家に仕える林務官だった。
すぐにボヘミアに引っ越し、18歳の時プラハ大学で音楽と哲学を学ぶ。
1741年に最初の歌劇《アルタセルセ Artaserse 》を作曲し、大量に舞台音楽の作曲を始める。
この時期の作品は、かなり保守的なイタリア語のオペラ・セリアであった。
1754年にヨーロッパ中を広く旅して、マリア・テレジアの宮廷楽長の地位を得、ウィーンに定住する。

「クリストフ・ヴィリバルト・グルック」と関連する人物(故人)