訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

秋草直之 氏(あきくさなおゆき)

富士通元会長[日本]

2016年 6月18日 死去急性心不全享年78歳

秋草 直之(あきくさ なおゆき、1938年12月12日 - )は、富士通株式会社取締役相談役(2008年6月-)、関西大学政策創造学部客員教授。
人物像 栃木県出身。
日本電信電話公社(現NTTグループ)総裁を務めた秋草篤二を父親に持ち、家族は夫人と子供二人。
早稲田大学高等学院を経て、1961年(昭和36年)に早稲田大学第一政治経済学部を卒業し、富士通入社。
秋草は富士通初の文科系出身のシステムエンジニアだとされており、入社以来、一貫してシステム開発部門を歩んできた。
公共システム事業に部長として携わった際にはオーストラリア統計局とのメインフレーム商談を成功に導いた。
取締役就任後は出自であるシステム開発の経験を生かして、ソリューションビジネスを同社の収益の柱に育てた。
また、系列のSE子会社の設立にも深く関わっていたと言われている。
しかし、ITバブルが崩壊した事でソリューションビジネス中心のスタイルが裏目に出た上、社内でも1993年(平成5年)に導入した成果主義の弊害面が顕著に目立ち始め、その上、これら問題に対する対処が悉く後手に回ってしまい、社長在任期間に富士通を著しい凋落に陥らせた。
題名
サービス産業をめぐる新しい潮流を考える ~グローバル化の進展と製造業のサービス化からの考察~ (SPRINGブックレットシリーズ vol.5)
著者
牛尾治朗
発売元
生産性出版
発売日
2011-04-05
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP