芸能人・経営者のおくやみ情報

昭和天皇 氏(しょうわてんのう)

第124代天皇[日本]

1989年 1月7日 死去がん享年87歳

昭和天皇 - ウィキペディアより引用

昭和天皇(しょうわてんのう、1901年〈明治34年〉4月29日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)は、日本の第124代天皇(在位:1926年(大正15年)12月25日 - 1989年(昭和64年)1月7日)。
諱は裕仁(ひろひと)。
幼少時の称号は迪宮(みちのみや)、お印は若竹(わかたけ)。
歴代天皇の中で(神話上の天皇を除くと)在位期間が最も長く(約62年)、最も長寿(宝算87)だった。
大日本帝国憲法の下では「國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬」する立憲君主制における天皇として、終戦の国策決定などに深く関与した。
1947年(昭和22年)に施行された日本国憲法の下では「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」である天皇として「国政に関する権能を有しない」ものとされた。
しかし占領期にはGHQ総司令官ダグラス・マッカーサーとの会見などにより、独自の政治的影響力を保持した。
主権回復後には、象徴天皇として皇室外交を行った。
また、天皇としての公務の傍らヒドロ虫(ヒドロゾア)・変形菌(粘菌)などを、生物学研究者として研究した。

第124代天皇(在位1926年12月25日−1989年1月7日)。今上天皇の父。「昭和天皇」は在位中の元号に因んだ諡号である。 1901年4月29日生。大正天皇の第一子。迪宮裕仁(みちのみやひろひと)と命名される。 (引用元 Hatena Keyword)