芸能人・経営者のおくやみ情報

深田久弥 氏(ふかだきゅうや)

登山家作家[日本]

1971年 3月21日 死去脳卒中享年69歳

深田久弥 - ウィキペディアより引用

深田 久弥(ふかだ きゅうや、1903年3月11日 - 1971年3月21日)は、石川県大聖寺町(現在の加賀市)生まれの小説家(随筆家)及び登山家である。
旧制福井中学(現・福井県立藤島高等学校)から第一高等学校に進み、文芸部で堀辰雄や高見順と知り合う。
また山岳部員として山にも親しんだ。
山をこよなく愛し、読売文学賞を受賞した著書『日本百名山』は、特に良く知られている。
俳号も山の入った「九山」である。
一高卒業後は東京大学文学部哲学科に進むも中退。
1971年(昭和46年)3月21日の登山中に、茅ヶ岳山頂直下で脳卒中のため68歳で死去。
その場所には、『深田久弥先生終焉の地』と表記された石碑が立っている。
「深田クラブ」により100名山を加えて200にした日本二百名山もある。
1903年(明治36年)3月11日 - 石川県江沼郡大聖寺町字中町(現在の加賀市)に、長男として生まれる。
1927年(昭和2年) - 東京帝国大学文学部哲学科に在籍しつつ当時円本ブームに沸いていた改造社に入社。

”日本百名山”で知られる山岳作家、登山家。1903‐1971。石川県生まれ。 東大在学中に『文芸春秋』に発表した「オロッコの娘」が好評を得たのを機会に大学中退、作家生活に入る。57年「贋作家故郷へ行く」を最後に小説の筆を折る。以後、山岳随筆やヒマラヤ研究に力を注ぎ、58年ヒマラヤ探査行。64年『日本百名山』で読売文学賞を受賞。68年日本山岳会副会長に就任。71年茅ケ岳頂上近くで、脳卒中で急逝 (引用元 Hatena Keyword)

「深田久弥」と関連する人物(故人)