芸能人・経営者のおくやみ情報

ダンカン・エドワーズ 氏

プロサッカー選手[イギリス]

1958年 2月6日 死去墜落享年21歳

ダンカン・エドワーズ - ウィキペディアより引用

ダンカン・エドワーズ(Duncan Edwards、1936年10月1日 - 1958年2月21日)は、イングランド・ダドリー出身のサッカー選手。
「ミュンヘンの悲劇」の犠牲者のひとりとして知られ、イングランドのフットボール史では夭折の天才選手として語られている。
1952年10月1日、16歳の誕生日にイングランドの名門クラブ、マンチェスター・ユナイテッドと契約。
クラブの若い世代からの底上げを図るマット・バスビー監督に見出された少年は、契約から半年後の1953年4月4日、対カーディフ・シティ戦でデビューを飾る。
その2年後のシーズンには、18歳にしてクラブの中心選手として活躍、若さに似合わぬ精神力とキャプテンシーでチームを牽引した。
「Busby Babes」(バスビーの子ども達)と呼ばれた、エドワーズを擁するこの若いチームは、1955-56シーズンからリーグ2連覇を成し遂げている。
クラブでの活躍が認められ、1955年4月2日の対スコットランド戦にイングランド代表として初出場。