芸能人・経営者のおくやみ情報

エルンスト・ヴェーバーErnst Heinrich Weber

生理学者、解剖学者[ドイツ]

1878年 1月26日 死去享年74歳

エルンスト・ヴェーバー - ウィキペディアより引用

エルンスト・ハインリヒ・ヴェーバー(Ernst Heinrich Weber、1795年6月24日 - 1878年1月26日)は、ドイツの生理学者、解剖学者。
重量や温度などの感覚を実験的に研究し、刺激強度と感覚の増分の関係を発見した。
これは後に弟子のフェヒナーによって定式化され、ウェーバーの法則と名付けられた。
物理学者のヴィルヘルム・ヴェーバー、生理学者のエドゥアルト・ヴェーバーらは弟。
ヴィッテンベルクに生まれ、ヴィッテンベルク大学で医学を学んだ。
1815年にナポレオン戦争でライプツィヒに避難したが、そこで研究を続け、1817年にライプツィヒ大学で大学教授資格を得た。
1818年からライプツィヒ大学比較解剖学員外教授、1821年からは解剖学正教授(1871年まで)となり、1840年からは生理学教授(1866年まで)も兼任した。
ヴェーバーは初め解剖学を研究し、コイ類が聴覚に優れているのはうきぶくろと内耳の間に音を伝える骨片があるからだということを発見した。

エルンスト・ハインリヒ・ヴェーバー(Ernst Heinrich Weber、1795年6月24日 - 1878年1月26日) ドイツの生理学者、解剖学者。重量や温度などの感覚を実験的に研究し、刺激強度と感覚の増分の関係を発見した。これは後に弟子のグスタフ・フェヒナーによって定式化され、「ヴェーバー・フェヒナーの法則?」と名付けられた。 物理学者のヴィルヘルム・ヴェーバー?、生理学者のエドゥアルト・ヴェーバー?らは弟。 (引用元 Hatena Keyword)

「エルンスト・ヴェーバー」と関連する人物(故人)