芸能人・経営者のおくやみ情報

斎藤達雄 氏(さいとうたつお)

俳優映画監督[日本]

1968年 3月2日 死去肺がん享年67歳

斎藤 達雄(さいとう たつお、1902年6月10日 - 1968年3月2日)は、日本の俳優、映画監督。
松竹蒲田撮影所に入り、独特の存在感を持つ飄々とした演技で、脇役や短篇喜劇映画の主役として多くの作品に出演した。
初期の小津安二郎監督作品に欠かせない俳優でもあり、『肉体美』『会社員生活』『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』などの小津作品に主演した。
戦後も貴重な脇役として活躍し、監督作も発表している。
来歴・人物 1902年(明治35年)6月10日、東京府東京市深川区佐賀町(現在の東京都江東区佐賀)に生まれる。
父は米の仲売人で日本橋区に店を構えていた。
父は芝居道楽で、家業そっちのけに一座の勧進元になって巡業に出たりして財産を蕩尽し、5歳の時に佐賀町の家をたたんで神田明神近くへ引越しする始末だった。
引っ越した家の隣には後にカメラマンとなる長井信一が住んでおり、幼い頃に幻灯機を作ってもらったという。
地元の小学校を卒業後、京華中学校(現在の京華中学高等学校)に入学。
父が浅草のルナパークの株主だった関係で映画館には無料入場できたことから映画ファンとなる。

(1902〜1968) 昭和時代の映画俳優、監督。 1902年(明治35年)6月10日、神田生まれ。京華中学を卒業後、シンガポールに移住。大正11年に帰国して、松竹蒲田撮影所に入社するも、一年半程で辞めてしまう。大正13年に日活京都撮影所に転じ、村田実監督『街の手品師』(1925年)を皮切りに、『愛に輝く女性』『東洋のカルメン』などに矢継ぎ早に出演する。大正15年、松竹蒲田撮影所に再入社して、伝明・絹代コンビでヒットした牛原虚彦『感激時代』(1928年)に出演したあとは、小津安二郎監督作品『若人の夢』『女房紛失』『カボチャ』『肉体美』(以上、1928年)『学生ロマンス 若き日』『会社員生活』『突貫小僧』(以上、1929年)『結婚学入門』『落第はしたけれど』『エロ神の怨霊』『足に触った幸運』(以上、1930年)などに相次いで出演し、岡田時彦とともにサイレント映画時代の小津作品に欠かせない俳優となる。昭和4年に日活を辞めて蒲田に入社してきた岡田時彦とは『その夜の妻』(1930年)で初共演した後、『お嬢さん』(1930年)『淑女と髯』『美人哀愁』『東京の合唱』(以上、1931年)とさながらコンビを組むかのように共演し、当時小津が傾倒していたエルンスト・ルビッチばりの「ソフィスティケーテッド・コメディ」を目指すに十分な知的で繊細な演技とその醸し出すユーモアにおいて、斎藤達雄と岡田時彦は戦前の小津作品の二枚看板だったと言える。昭和7年(1932年)に主演した『生まれてはみたけれど』はサイレント時代における小津作品の最高傑作と名高い。トーキー以降は、独特の存在感を持つ飄々とした演技で、味のある傍役と …… (引用元 Hatena Keyword)