芸能人・経営者のおくやみ情報

ランディ・ローズ 氏

ミュージシャン、ギタリスト[アメリカ]

1982年 3月19日 死去墜落享年25歳

ランディ・ローズ - ウィキペディアより引用

ランディ・ローズ(Randy Rhoads、本名ランドール・ウィリアム・ローズ、男性、1956年12月6日 - 1982年3月19日)は、ギタリスト。
クワイエット・ライオット及びオジー・オズボーンのバンドの初代ギタリストであったことで知られる。
1982年、オジー・オズボーンの全米ツアー(Diary of a madman tour)中に遊覧飛行で乗った軽飛行機の墜落事故により、25歳で生涯を終えた。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第85位、2011年の改訂版では第36位。
生い立ち 1956年12月6日、カリフォルニア州・サンタモニカのセント・ジョーンズ病院で生まれる。
1963年の誕生日に、祖父からギブソンのアコースティック・ギターをプレゼントされ、ギターを始める。
ランディの当時の憧れは、エルヴィス・プレスリーであったという。
1965年、8歳の頃、ロックギターに目覚める。
1969年から、母親の経営する音楽学校で講師をしていたスコット・シェリーからエレクトリック・ギターのレッスンを受け始める。

:アーティスト :ミュージシャン ギタープレイヤー。1956年、カリフォルニア州サンタモニカ出身。1976年、QUIET RIOTを結成。1979年、オジー・オズボーン・バンドに加入。二枚のアルバムを発表後、1982年3月19日、全米ツアー中に飛行機事故により死亡(享年25歳)。 「彼のギターはまるでバッハの様だ」かの有名な音楽評論家が口にした言葉です。 (引用元 Hatena Keyword)

「ランディ・ローズ」と関連する人物(故人)