芸能人・経営者のおくやみ情報

坂本九 氏(さかもときゅう)

歌手俳優タレント司会者[日本]

1985年 8月12日 死去墜落享年45歳

坂本九 - ウィキペディアより引用
坂本 九(さかもと きゅう、本名:大島 九(おおしま ひさし)、1941年12月10日 - 1985年8月12日)は、日本の俳優・タレント・歌手・司会者。
神奈川県川崎市川崎区出身。
愛称は九ちゃん(きゅうちゃん)。
妻は女優の柏木由紀子。
柏木との間に娘が2人おり、長女は大島花子、次女は舞坂ゆき子。
実祖父は茨城県田伏村(現:かすみがうら市)出身の漁師坂本金吉。
またサックス奏者の阿部薫は甥(姉の息子)。
『上を向いて歩こう』や『見上げてごらん夜の星を』、『明日があるさ』など数多くのヒット曲を出し、全世界におけるレコードの売上は1500万枚以上に達した。
また、映画や舞台の俳優、テレビ番組の司会など活動は多岐に渡り、1985年(昭和60年)の日本航空123便墜落事故に巻き込まれるまで精力的な活動を続けた。
人物・来歴 少年時代 川崎市の荷役請負業「丸木組」の社長・坂本寛と妻・いく(旧姓:大島)の第9子(後妻であった実母にとっては3番目)として誕生。