訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

シャルル・ルイ・アルフォンス・ラヴランCharles Louis Alphonse Laveran

病理学者[フランス]

1922年 5月18日 死去享年78歳

シャルル・ルイ・アルフォンス・ラヴラン - ウィキペディアより引用
シャルル・ルイ・アルフォンス・ラヴラン(Charles Louis Alphonse Laveran、1845年6月18日-1922年5月18日)はフランスの病理学者。
1907年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
生涯 フランスのパリで生まれる。
父親は陸軍の外科医であり、父の後を継ぐことになった。
パリで学んだ後、シュトラースブルク医科大学で医学を修め、1867年に卒業。
普仏戦争開戦のため、陸軍の外科医となった。
アルジェリア植民地など、各地の軍の駐屯地を歴任する。
1896年退役。
パリのパスツール研究所に入所。
マラリア原虫を発見した功績により、1907年にノーベル生理学・医学賞を受賞する。
賞金は熱帯医学研究室開設(パスツール研究所)に投じた。
1908年には外来性病理学協会を設立する。
パリで没した。
研究・発見 ラヴランがマラリアを研究対象としたのは、1878年から1883年まで軍の赴任先であったアルジェリアでマラリアが流行していたからである。