芸能人・経営者のおくやみ情報

シャルル・グノーCharles François Gounod

作曲家[フランス]

1893年 10月18日 死去享年76歳

シャルル・グノー - ウィキペディアより引用

シャルル・フランソワ・グノー(フランス語: Charles François Gounod、1818年6月17日 - 1893年10月18日)は、フランスの作曲家。
わけても、ゲーテの『ファウスト』第1部に基づく同名のオペラで有名である。
バチカンの実質的な国歌である『賛歌と教皇の行進曲』を作曲したことでも知られている。
<フランス近代歌曲の父>とも呼ばれ、美しい旋律、色彩感に満ちたハーモニーを伴った優雅でやさしい音楽は今日も広く愛されている。
生涯 パリ生まれ。
母はピアニスト、父は設計士であった。
母親にピアノの手ほどきを受けて楽才を開花させ、パリ音楽院に入学してオペラ作曲家フロマンタル・アレヴィに師事した。
1839年にカンタータ『フェルディナン』(Ferdinand)でローマ大賞を受賞、ただちにローマへ留学し、パレストリーナの作品を研究した。
2年間のローマ留学の後、ウィーン、ベルリン、ライプツィヒ等を経由して、1843年にパリに戻り、サン・トゥスタッシュ教会の聖歌隊楽長兼教会オルガニストとなった。