芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・パーソンズWilliam Parsons

文学者[アイルランド]

1867年 10月31日 死去享年68歳

ウィリアム・パーソンズ - ウィキペディアより引用

第3代ロス伯爵ウィリアム・パーソンズ(英: William Parsons, 3rd Earl of Rosse、1800年6月17日 - 1867年10月31日)はアイルランドの天文学者。
聖パトリック勲章勲爵士。
一般にはロス卿(Lord Rosse) の名前で知られている。
星雲や銀河の膨大な観測データを残した。
生涯 1841年に父が亡くなるとその跡を継いで第3代ロス伯爵となった。
それ以前にはオックスマンタウン卿の儀礼称号で称されていた。
1840年代に彼はアイルランドのオファリー州バール(後にパーソンズタウンと呼ばれる)の地に口径72インチの天体望遠鏡を建設した。
この大望遠鏡はニュートン式の反射望遠鏡であり、「パーソンズタウンのリヴァイアサン(怪物)」と呼ばれた。
その後1917年にウィルソン山天文台の口径100インチの望遠鏡ができるまで数十年にわたって世界最大の望遠鏡であった。
この望遠鏡はかつてないほどの大口径であり、またそれ以前の望遠鏡技術者が望遠鏡製作上のノウハウを秘密にしていたり製作技術を公表していなかったため、彼がこの望遠鏡を建設するためには様々な新しい技術を発明する必要があった。

「ウィリアム・パーソンズ」と関連する人物(故人)