訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

グスタフ5世 氏Gustaf V

スウェーデン国王[スウェーデン]

1950年 10月29日 死去享年93歳

グスタフ5世 - ウィキペディアより引用
『グスタフ5世 (スウェーデン王)』より : グスタフ5世(Gustaf V, Oscar Gustaf Adolf Bernadotte, 1858年6月16日 - 1950年10月29日)は、スウェーデン・ベルナドッテ王朝の第5代国王(在位:1907年 - 1950年)。
前国王オスカル2世の子。
母はナッサウ公ヴィルヘルムの娘ソフィア(ルクセンブルク大公アドルフの異母妹)。
生涯 即位した当時は帝国主義時代の真っ盛りであった。
膨張を続けるドイツと汎スラヴ主義を露わにしたロシアとの対立は避けられぬものとなり、1914年に第一次世界大戦が勃発する。
スウェーデンは伝統的な中立政策(武装中立)を宣言し、12月18日、グスタフ5世は隣国ノルウェーのホーコン7世、デンマークのクリスチャン10世をマルメに招き、三国国王会議を開いて中立政策の維持を表明する。
この中立宣言は、第二次世界大戦前夜にも行なわれている。
大戦中は連合国に海上封鎖を受けたり、ドイツ軍の攻撃も受けたが、何とか中立を守りきった。
ただしフィンランドの独立後の内戦では、義勇軍の出兵を黙認した。
戦後中立政策を解いたスウェーデンは国際連盟に加入したが、国際連盟の国際情勢の危機に対する意志薄弱さに失望し、伝統的な中立政策に回帰していく。

↑ PAGE TOP