芸能人・経営者のおくやみ情報

フランソワ・トンバルバイ 氏François Tombalbaye

政治家大統領[チャド]

1975年 4月13日 死去暗殺享年58歳

フランソワ・トンバルバイ - ウィキペディアより引用

フランソワ・トンバルバイ(François Tombalbaye、のちにンガルタ・トンバルバイ Ngarta Tombalbayeに改名、1918年6月15日-1975年4月13日)は、チャドの政治家。
チャドの初代大統領を務めた(在任1960年-1975年)。
トンバルバイは1918年、チャド植民地南部のモワイエン・シャリ県のサラ人のキリスト教徒の家に生まれた。
チャド進歩党がガブリエル・リゼットによって結党されるとこれに参加し、1959年5月にリゼットに代わってチャド進歩党の党首に就任。
フランス領赤道アフリカの各植民地の独立が現実的となると、赤道アフリカの4植民地をまとめた中部アフリカ共和国連合構想を推進したが、ガボンの反対や中央アフリカの混乱などによって果たせなかった。
1960年8月11日、チャドが独立すると、トンバルバイは大統領に就任した。
トンバルバイは南部のキリスト教徒の出身であり、政権基盤もそこに置かれていたが、南部のキリスト教徒はチャド総人口の7%程度に過ぎず、総人口の50%を超える北部のイスラム教徒との対立は深まる一方であった。