芸能人・経営者のおくやみ情報

駒井哲郎 氏(こまいてつろう)

銅版画家[日本]

1976年 11月20日 死去舌がん享年57歳

駒井 哲郎(こまい てつろう、1920年(大正9年)6月14日 - 1976年(昭和51年)11月20日)は、昭和期の日本の銅版画家、東京藝術大学教授。
油絵や色彩版画の作品も少数あるが、生涯にわたり一貫してエッチングを制作し、モノクロームの世界で、自己の内面、幻想、夢などを表現し続けた。
作風は、パウル・クレーの影響が濃い抽象的・幻想的なもの、樹木や風景を繊細で写実的なタッチで描いたものなどがある。
大岡信(詩人、評論家)、安東次男(詩人)ら文学者との交流も多く、安東とのコラボレーションによる詩画集『からんどりえ』(1960年)は、版画と詩を同じ紙に刷った、日本では初の試みと言われている。
棟方志功、浜口陽三など、同時代の版画家に比べやや地味な存在ではあるが、日本美術界では長らくマイナーな分野であった銅版画の普及と地位向上に貢献した作家として高く評価されている。
駒井は1920年(大正9年)、東京府東京市日本橋区(現・東京都中央区日本橋)に製氷業者の子として生まれた。

【こまいてつろう】 版画家。東京生れ。東京美術学校卒。西田武雄主宰の日本エッチング研究所で銅版画を学ぶ。フランス語,建築設計なども学ぶが,1944年陸軍召集。第2次大戦後,日本版画協会,春陽会などに出品。1953年資生堂ギャラリーで初個展。多摩美大,東京芸大の教授を務めた。緻密な線刻による抒情あふれる幻想的な作風が評価された。著書に《銅版画のマチエール》がある。→関連項目町田市立国際版画美術館 (引用元 コトバンク)