芸能人・経営者のおくやみ情報

ハリエット・ビーチャー・ストウHarriet Elizabeth Beecher Stowe

作家[アメリカ]

1896年 7月1日 死去享年86歳

ハリエット・ビーチャー・ストウ - ウィキペディアより引用
ハリエット・エリザベス・ビーチャー・ストウ(Harriet Elizabeth Beecher Stowe, 1811年6月14日 - 1896年7月1日)は、アメリカ合衆国の奴隷制廃止論者であり、10冊以上の本を執筆した作家でもある。
代表作『アンクル・トムの小屋 Uncle Tom's Cabin』は奴隷の生活について描かれた物語であり、最初は1851年から1852年にかけて、奴隷制廃止論者の団体において雑誌連載形式で発表された。
第2作『ドレッド Dred: A Tale of the Great Dismal Swamp』も、奴隷制に反対する物語である。
男女同権が進んでいなかった20世紀後半まではストウ夫人とも呼ばれた。
生涯 コネチカット州リッチフィールドに生まれ、ハートフォードで育ったハリエット・エリザベス・ビーチャーは、ボストン出身の奴隷制反対論者で会衆派教会説教者であるライマン・ビーチャーとロクサーナ・フート・ビーチャーの娘であり、兄弟には教育者であるキャサリン・ビーチャーと聖職者であるヘンリー・ウォード・ビーチャー・チャールズ・ビーチャー・エドワード・ビーチャーがいた。