芸能人・経営者のおくやみ情報

シャルル・ド・クーロンCharles-Augustin de Coulomb

物理学者、土木技術者[フランス]

1806年 8月23日 死去享年71歳

シャルル・ド・クーロン - ウィキペディアより引用

シャルル-オーギュスタン・ド・クーロン(Charles-Augustin de Coulomb、 1736年6月14日 - 1806年8月23日)はフランス・アングレーム出身の物理学者・土木技術者。
彼が発明したねじり秤を用いて帯電した物体間に働く力を測定し、クーロンの法則を発見した。
電荷の単位「クーロン」は彼の名にちなむ。
生涯 クーロンはフランス・アングレームの裕福な家庭に生まれた。
父アンリ・クーロン(Henri Coulomb)はモンペリエの役人であり、 母Catherine Bajetは羊毛交易で財を成した名家の出であった。
少年時代、一家はパリに移住し、パリの名門校Collège des Quatre-Nationsにて学んだ。
そこでPierre Charles Monnierの数学の授業を受けたことにより、数学および数学に関連した分野に進むことを決意した。
1757年から1759年にかけてモンペリエにある父方の実家に滞在し、市アカデミーでの仕事に従事した。
市アカデミーでは数学者のAugustin Danyzyに師事し、数学の教育を受けた。

「シャルル・ド・クーロン」と関連する人物(故人)