訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジュール・ボルデ 氏Jules Jean Baptiste Vincent Bordet

細菌学者[ベルギー]

1961年 4月6日 死去享年92歳

ジュール・ボルデ(Jules Jean Baptiste Vincent Bordet、1870年6月13日 - 1961年4月6日)はベルギーの細菌学者。
1919年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
ノーベル賞受賞理由である補体結合反応の発見や、百日咳菌(Bordetella pertussis:ボルデテラ属の細菌の一種)の発見で知られる。
生涯 ベルギーの都市ソワニーに生まれる。
父親が学校長であったことから、教育に理解のある家庭で育つ。
しかしながら、自然科学に興味をもったのは中等学校を卒業した後であった。
自宅に小さな実験室を作り、様々な実験を試みた。
医学を目指したのは16歳になってからである。
ブリュッセル大学で医学を学び1892年に卒業。
ベルギー政府の奨学金を受け、1894年にパスツール研究所で学んだ。
奨学金は7年間の研究を保証する有利なものであった。
研究所では免疫学の大家イリヤ・メチニコフの研究室で学ぶことができた。
1901年にブリュッセル・パスツール研究所(Pasteur Institute of Brussels)を設立し、初代所長となった。

↑ PAGE TOP