訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジェームズ・クラーク・マクスウェルJames Clerk Maxwell

理論物理学者[イギリス]

1879年 11月5日 死去享年49歳

ジェームズ・クラーク・マクスウェル - ウィキペディアより引用
ジェームズ・クラーク・マクスウェル(英:James Clerk Maxwell、1831年6月13日 - 1879年11月5日)は、イギリスの理論物理学者である。
姓はマックスウェルと表記されることもある。
マイケル・ファラデーによる電磁場理論をもとに、1864年にマクスウェルの方程式を導いて古典電磁気学を確立した。
さらに電磁波の存在を理論的に予想しその伝播速度が光の速度と同じであること、および横波であることを示した。
これらの業績から電磁気学の最も偉大な学者の一人とされる。
また、土星の環や気体分子運動論・熱力学・統計力学などの研究でも知られている。
1831年6月13日にスコットランドのエディンバラで、弁護士のジョン・クラーク(John Clerk)とフランシス・ケイ(Frances Cay)の間に生まれる。
父のジョンはマクスウェル家の持つ1800エーカーの広大な土地を相続しており、それがあるスコットランド南西部のミドルビーでマクスウェルは幼少期を過ごした。

「ジェームズ・クラーク・マクスウェル」と関連する人物(故人)