訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アントナン・カレームMarie-Antoine “Antonin” Careme

料理人[フランス]

1833年 1月12日 死去享年50歳

アントナン・カレーム - ウィキペディアより引用
マリー=アントワーヌ(アントナン)・カレーム(Marie-Antoine(Antonin)Carême, 1784年6月8日 - 1833年1月12日)はフランスのシェフ・パティシエ。
フランス料理の発展に大きく貢献し、当時は「国王のシェフかつシェフの帝王」と呼ばれていた。
今日、カレームはいわゆる「有名シェフ」のさきがけ的人物として知られている。

カレームは、フランスの外交官にして美食家のシャルル・モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール タレーランのもとで料理人として働いていた。
タレーランはカレームをたびたび激励、カレームはタレーランのもとで料理の考案に没頭している。
1814年に始まったウィーン会議の間、タレーランはたびたび夕食会を主催した。
そこで出された料理は出席者の評判をさらい、カレームの名は一躍有名になった。
ウィーン会議が終わったときヨーロッパの地図と上流階級の食べる料理は刷新される事になる。

「アントナン・カレーム」と関連する人物(故人)