芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ3世George III

イギリス国王[イギリス]

1820年 1月29日 死去享年83歳

ジョージ3世 - ウィキペディアより引用
『ジョージ3世 (イギリス王)』より : ジョージ3世(英語: George III, 1738年6月4日 – 1820年1月29日)は、イギリス・ハノーヴァー家第3代目のグレートブリテン王国国王兼アイルランド王国国王(即位:1760年10月25日 )であり、1801年1月1日に両国が合同して以降はグレートブリテン及びアイルランド連合王国国王。
またハノーファー選帝侯、1814年以後はハノーファー王ゲオルク3世 (Georg III)を兼ねた。
父はフレデリック・ルイス(ジョージ2世の長男)。
母はザクセン=ゴータ=アルテンブルク公フリードリヒ2世の娘オーガスタ。
妃はメクレンブルク=シュトレリッツ公子カール・ルートヴィヒの娘シャーロット。
別名「農夫王」(Farmer King)、「農夫ジョージ」(Farmer George)。
天文学者のウィリアム・ハーシェル等を支持する。
アメリカ植民地への課税がきっかけでアメリカ独立戦争を招き、北アメリカの領土を失った。
自分の課した重税問題や身内のスキャンダルに苦悩した上に、1811年には認知症となり、以後ウィンザーで生活、長男の王太子ジョージ4世が摂政として政務を執った。