芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョン・メイナード・ケインズJohn Maynard Keynes

経済学者[イギリス]

1946年 4月21日 死去享年64歳

ジョン・メイナード・ケインズ - ウィキペディアより引用

初代ケインズ男爵、ジョン・メイナード・ケインズ(John Maynard Keynes、1st Baron Keynes、1883年6月5日 - 1946年4月21日)は、イギリスの経済学者、官僚、貴族。
イングランド、ケンブリッジ出身。
20世紀における最重要人物の一人であり、経済学者の代表的存在である。
有効需要に基いてケインズサーカスを率いてマクロ経済学を確立させた。
また、戦後の外為体制をめぐりハリー・ホワイトと案を出し合った。
経済学の大家アルフレッド・マーシャルの弟子であり、論敵アーサー・セシル・ピグーとは兄弟弟子であった。
また、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインやブルームズベリー・グループと交流があったことが有名である。
ケインズは、ケンブリッジ大学の経済学者であるジョン・ネヴィル・ケインズと母フローレンスとの間に1883年に生まれた。
ケインズは、名門パブリック・スクールであるイートン・カレッジを経て、ケンブリッジ大学のキングス・カレッジに入学した。

John Maynard Keynes イギリス人の経済学者。 (1883年〜1946年) 著書「雇用、利子および貨幣の一般理論」(いわゆる「一般理論」)によって、セーの法則を前提するそれまでの経済学をまとめて古典派にしてしまった。 学問分野だけでなく、現実の政策分野にも多大な影響を与えた。 (引用元 Hatena Keyword)