芸能人・経営者のおくやみ情報

ロバート・フックRobert Hooke

自然哲学者建築家博物学者[イギリス]

1703年 3月3日 死去享年69歳

ロバート・フック - ウィキペディアより引用

ロバート・フック(Robert Hooke、1635年7月28日 - 1703年3月3日)は、イギリスの自然哲学者、建築家、博物学者。
王立協会フェロー。
実験と理論の両面を通じて科学革命で重要な役割を演じた。
成人後の人生は3つの期間に分けられる。
当初は貧しいが優秀な科学研究者だった。
その後経済的に成功し、1666年のロンドン大火では復興のために大いに貢献した。
しかし晩年は気難しくなり、様々な論争に首をつっこんだ。
歴史的にあまり名が残らなかったのは、この晩年の所業が災いしている。
弾性に関する法則(フックの法則)、『顕微鏡図譜』、生体の最小単位を "cell"(細胞)と名付けたことで知られている。
その業績からすると、フックについて書かれた文献は驚くほど少ない。
一時期は王立協会の実験監督を務め、同協会の協議会の一員でもあった。
ロンドン大火後の焼け跡の測量を指揮し、焼け跡のほぼ半分の測量を行った。
建築家としても有名だったが、現存している建築物は少なく、一部は他人の設計だと思われていた。