芸能人・経営者のおくやみ情報

ヴィクトリア女王Victoria

イギリス女王[イギリス]

1901年 1月22日 死去享年83歳

ヴィクトリア女王 - イギリス女王

『ヴィクトリア (イギリス女王)』より : ヴィクトリア(英語: Victoria、1819年5月24日 - 1901年1月22日)は、イギリス・ハノーヴァー朝の第6代女王(在位:1837年6月20日 - 1901年1月22日)、初代インド女帝(在位:1877年1月1日 - 1901年1月22日)。
世界各地を植民地化・半植民地化して繁栄を極めた大英帝国を象徴する女王として知られ、その治世はヴィクトリア朝と呼ばれる。
在位は63年7か月にも及び、歴代イギリス国王の中ではエリザベス2世に次ぐ長さである。
イギリス・ハノーヴァー朝第3代国王ジョージ3世の第4王子であるケント公エドワードの一人娘。
3人の伯父たちが嫡出子を残さなかったため、1837年に18歳でハノーヴァー朝第6代女王に即位する。
ハノーヴァー朝の国王は代々ドイツの邦国ハノーファー王国(元は選帝侯国)の君主を兼ねていたが、ハノーファーではサリカ法による継承法を採っており、女性君主の統治が認められていなかった。

Queen Victoria, Victoria Alexandrina イギリスの女王。ハノーヴァー王朝第6代目の君主。 生没年月日 1819年5月24日 - 1901年1月22日 アイルランド及びグレートブリテン連合王国女王在位 1837年6月20日 - 1901年1月22日 インド女帝在位 1877年1月1日 - 1901年1月22日 イギリス王ジョージ3世の四男ケント公エドワード王子の一人娘として生まれる。 母はザクセン・コーブルク・ザールフェルト公女。 母の前の結婚により、異父兄、異父姉がいる。 母の兄はイギリス王ジョージ4世の一人娘シャーロット王女(暫定王位継承者)の夫だったレオポルト。後にベルギーの初代国王になっている。 ヴィクトリアの先々代、先代のイギリス王になるジョージ4世、ウィリアム4世にはいずれもひとり娘がいたが、子を残すことなく早世し、王位が彼らから見て姪にあたる(弟の娘)、ヴィクトリアに回ってきた。 18歳で即位。 メルボルン、パーマストン、ビーコンスフィールド(ディズレーリ)、グラッドストーンら各首相の輔弼を受け、彼女の治世あしかけ64年間において大英帝国は最盛期を迎え、女王は繁栄のシンボルとなった。 1840年に母方の従兄弟にあたるアルバート公と結婚。21年後、夫の死によって結婚生活は終わりを告げた。 夫婦仲はむつまじかったという。以後、寡婦生活を通したが、馬丁と秘密結婚をしていたとする説もある(公私に渡って、彼女の生活秘書を務めたその馬丁が広範囲な影響力を保持したのは事実)。 アルバート公との間に9人の子女をもうけ、その子らが婚姻を通じて欧州王室全域に散らばったことから、晩年になるにつけ、欧 …… (引用元 Hatena Keyword)