訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ヴィクトリア女王Victoria

イギリス女王[イギリス]

1901年 1月22日 死去享年83歳

ヴィクトリア女王 - イギリス女王
『ヴィクトリア (イギリス女王)』より : ヴィクトリア(英語: Victoria、1819年5月24日 - 1901年1月22日)は、イギリス・ハノーヴァー朝の第6代女王(在位:1837年6月20日 - 1901年1月22日)、初代インド女帝(在位:1877年1月1日 - 1901年1月22日)。
世界各地を植民地化・半植民地化して繁栄を極めた大英帝国を象徴する女王として知られ、その治世はヴィクトリア朝と呼ばれる。
在位は63年7か月にも及び、歴代イギリス国王の中ではエリザベス2世に次ぐ長さである。
イギリス・ハノーヴァー朝第3代国王ジョージ3世の第4王子であるケント公エドワードの一人娘。
3人の伯父たちが嫡出子を残さなかったため、1837年に18歳でハノーヴァー朝第6代女王に即位する。
ハノーヴァー朝の国王は代々ドイツの邦国ハノーファー王国(元は選帝侯国)の君主を兼ねていたが、ハノーファーではサリカ法による継承法を採っており、女性君主の統治が認められていなかった。