芸能人・経営者のおくやみ情報

サトウハチロー 氏

詩人作家[日本]

1973年 11月13日 死去心臓発作享年71歳

サトウハチロー - ウィキペディアより引用

サトウ ハチロー(1903年(明治36年)5月23日 - 1973年(昭和48年)11月13日)は、日本の詩人、童謡作詞家、作家。
本名は佐藤 八郎(さとう はちろう)。
別名に、陸奥速男、山野三郎、玉川映二、星野貞志、清水操六、並木せんざなどがある。
旧制早稲田中学校(現早稲田中学校・高等学校)中退。
作家の佐藤愛子は異母妹にあたる。
「リンゴの唄」の作詞者として知られる。
母親への想いなどをうたった叙情的な作風で知られ、2万にもおよぶ詩のうち3千が母に関する詩である。
作風に反して私生活は放蕩、奇行が多く、その振る舞いに関しては佐藤愛子の長編小説『血脈』に詳しい。
なお、『血脈』によると、ハチローは小学生時代から不良少年で、実母に対しても愛情らしきものを示したことはなく、作品に表現されている「母親への想い」はフィクションだという。
しかし、父の故郷・青森県には生涯で一度しか訪れていない一方、母の故郷・仙台市への訪問は50回を越えている。
野球少年だった経験から、高校野球とプロ野球に造詣が深く、野球少年を主人公にした少年向け小説や、野球に関する作詩なども行った。

詩人。小説家。 1903年(明治36年)5月23日、東京市牛込区(現:東京都新宿区)の生まれ。 戦前の少年小説家・佐藤紅緑は父。小説家・佐藤愛子は異母妹。佐藤一家の歴史は、佐藤愛子の大河小説「血脈」に描かれている。 1973年(昭和48年)11月13日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)