芸能人・経営者のおくやみ情報

オットー・リリエンタールOtto Lilienthal

航空技術者[ドイツ]

1896年 8月10日 死去墜落享年49歳

オットー・リリエンタール - ウィキペディアより引用

オットー・リリエンタール(Otto Lilienthal 、1848年5月23日 - 1896年8月10日)はドイツの初期航空工学(応用空気力学)発展に貢献した航空パイオニアの1人。
ユダヤ系ドイツ人。
およそ20年に及ぶ鳥の羽根による飛行を研究した上でジョージ・ケイリーによる考案のハンググライダーを実際に作り小高い丘から飛行する無数の試験を行い、その詳細な記録を採った事で知られる。
この事から事実上ジョージ・ケイリーが確立した実験手法を引き継いだ功績を持つ。
リリエンタールが滑空する様子を撮影した写真が雑誌や新聞に掲載され、飛行する機械が実用化される可能性について科学界や一般大衆へ認知させつつ好意的な考え方をするようになる下地を作ると共にライト兄弟が歩む道を開いた先駆者の一人。
生い立ち プロイセン王国ポメラニア地方アンクラムのスウェーデン系の中流の家に生まれた。
両親は8人の子をもうけたが、成人したのはオットー、グスタフ、マリーの3人だけである。
オットーとグスタフは生涯にわたって様々なことを一緒に行なった。
アンクラムの中等学校に学び、弟グスタフ(1849年 - 1933年)と共に鳥の飛び方を研究して有人飛行の発案に魅了された。

「オットー・リリエンタール」と関連する人物(故人)