芸能人・経営者のおくやみ情報

カール・フォン・リンネCarl von Linné

生物学者博物学者[スウェーデン]

1778年 1月10日 死去享年72歳

カール・フォン・リンネ - ウィキペディアより引用
カール・フォン・リンネ(Carl von Linné スウェーデン語発音: [ˈkɑːɭ ˈfɔnː lɪˈneː] (13px 聞く)、1707年5月23日 - 1778年1月10日)は、スウェーデンの博物学者、生物学者、植物学者。
ラテン語名のカロルス・リンナエウス(Carolus Linnaeus)でも知られる。
「分類学の父」と称される。
同名の息子と区別するために大リンネとも表記される。
生涯 スウェーデン南部のスモーランドのステンブルーフルトにニルス・インゲマション (Nils Ingemarsson) の子として生まれた。
若い頃には、父親や母方の祖父と同様に聖職者となる予定であった。
彼は町の内科医から教えられた植物学に興味を持ち、ルンド大学へ入り、1年後ウプサラ大学(ウップサーラ大学)へと移った。
この間に、リンネは植物の分類の基礎が花のおしべとめしべにあると確信するようになり、短い論文を書いて助教授となった。
1732年に、ウプサラ(ウップサーラ)の科学アカデミーは彼の、当時は未知であったラップランド探検の為に融資をした。

「カール・フォン・リンネ」と関連する人物(故人)