訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アルブレヒト・デューラーAlbrecht Dürer

画家[ドイツ]

(ユリウス暦) 1528年 4月6日 死去享年58歳

アルブレヒト・デューラー - ウィキペディアより引用
アルブレヒト・デューラー(ドイツ語: Albrecht Dürer, 1471年5月21日 - 1528年4月6日)は、ドイツのルネサンス期の画家、版画家、数学者。
同名の父・アルブレヒトは、ハンガリーからニュルンベルクに移住してきた金銀細工師。
出生 若年時代(1471 - 1490) デューラーは1471年5月21日に、第三子(次男)としてニュルンベルクに生まれた。
14-18人兄弟であった。
父アルブレヒト・デューラーは金細工職人として成功を修めていた。
彼は ジュラ の隣村アイトーシュ Ajtós(現在アイトーシュファルヴァ Ajtósfalva、「扉村」の意味)の出身で、Ajtósiと名乗っていた。
ハンガリーではアイトーシ・デュレル Ajtósi Dürer とも呼ばれる。
彼は1455年にニュルンベルクに移って来た。
ドイツ名の"Dürer"は、ハンガリーの"Ajtósi"に由来して、大元はドア職人の"Thürer"(ハンガリー語で"ajtó"はドアの意味)である。

「アルブレヒト・デューラー」と関連する人物(故人)