芸能人・経営者のおくやみ情報

蜷川幸雄 氏(にながわゆきお)

演出家映画監督俳優[日本]

2016年 5月12日 死去多臓器不全享年82歳

蜷川幸雄 - 演出家、映画監督、俳優

蜷川 幸雄(にながわ ゆきお、1935年10月15日 - )は、日本の演出家、映画監督、俳優。
桐朋学園芸術短期大学名誉教授。
埼玉県川口市出身。
生家は洋服店。
父親は川口オートのオーナーだったことがある。
小中学生時代は近所に下宿していた後の立教大学総長浜田陽太郎が家庭教師であった。
1年留年して開成高等学校卒業。
画家を志して東京藝術大学美術学部を受験するが失敗し、将来の進路に迷っていたとき偶然「劇団青俳」による安部公房『制服』の公演に接し、衝撃を受けて「劇団青俳」に参加。
俳優として活躍していたが「自分は演出に向いている」と悟り劇団を結成し演出家に転向する(それ以降もある時期までは俳優業は続けていた)。
アングラ・小劇場運動盛んな時期に演出家としてデビューし、若者層を中心に人気を集める。
1970年代半ばから商業演劇に活動の場を移し、大劇場でのダイナミックな演出で話題作を次々と発表。
1990年代以降は中劇場の空間を好んで使っている。
演出作品は、清水邦夫、唐十郎、井上ひさし、野田秀樹、岩松了などの現代劇から、ギリシャ悲劇やシェイクスピア、チェーホフなど海外の古典・近代劇に至るまで、多岐にわたる。

にながわゆきお [生]1935.10.15.埼玉,川口[没]2016.5.12.東京演出家。1955年開成高等学校を卒業,劇団青俳に入団し俳優として活動を開始。1968年現代人劇場を創立。1969年9月,清水邦夫作『真情あふるる軽薄さ』で演出家としてデビュー。1972年清水らと演劇集団櫻社を結成。1974年5月,日生劇場の『ロミオとジュリエット』で初めて商業演劇を演出し,劇団内で対立,同1974年8月櫻社解散。以降大劇場で活躍し,1979年帝国劇場初演の秋元松代作『近松心中物語』の大ヒットを生む。1983年『王女メディア』をギリシアのアテネなどで上演したのをはじめ海外公演も多く,特に1987年イギリス,ロンドンのナショナル・シアターで上演した『NINAGAWA・マクベス』は評判を呼んだ。1992年エディンバラ大学名誉博士号を授与された。2001年紫綬褒章受章。2002年大英帝国三等勲功章CBE受章。2004年文化功労者に選ばれた。2010年文化勲章受章。 (引用元 コトバンク)