芸能人・経営者のおくやみ情報

ジュール・マスネJules Emile Frédéric Massenet

作曲家[フランス]

1912年 8月13日 死去享年71歳

ジュール・マスネ - ウィキペディアより引用

ジュール・エミール・フレデリック・マスネ(Jules Emile Frédéric Massenet, 1842年5月12日 - 1912年8月13日)はフランスの作曲家。
オペラで最もよく知られ、その作品は19世紀末から20世紀初頭にかけて大変人気があった。
現在も特に『マノン』、『ウェルテル』、『タイス』は頻繁に上演され、主要なオペラハウスのレパートリー演目となっている。
『タイス』の間奏曲である『タイスの瞑想曲』は、ヴァイオリン独奏曲としても人気がある。
生涯 マスネはフランス、ロワール県モントーで生まれた。
モントーは今でこそサン=テチエンヌの都市部の一地区となっているが、当時は辺鄙な小村であった。
マスネは1848年、家族とともにパリに移り住み、1853年、11歳でパリ国立高等音楽学校へ入学した。
1862年、カンタータ「ダヴィッド・リッツィオ」(David Rizzio)でローマ賞を受賞、3年をローマで過ごした。
初めてのオペラは1867年にオペラ=コミック座で上演した一幕ものの作品であったが、彼がチャイコフスキーやグノーに並ぶ賞賛を勝ちえたのはオラトリオ劇『マグダラのマリア』によってである。

ジュール・エミール・フレデリック・マスネ(Jules Emile Frédéric Massenet 1842.5.12-1912.8.13) フランスの作曲家。 代表作に、オペラ『マノン』(1884年)、『ウェルテル』(1892年)、『タイス』(1894年)などがある。 (引用元 Hatena Keyword)