芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨハネス・ブラームスJohannes Brahms

作曲家指揮者ピアニスト[ドイツ]

1897年 4月3日 死去享年65歳

ヨハネス・ブラームス - ウィキペディアより引用

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms、1833年5月7日 - 1897年4月3日)は、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者である。
J.S.バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共に、ドイツ音楽における「三大B」とも称される。
ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。
作風はおおむねロマン派音楽の範疇に属するが、古典主義的な形式美を尊重する傾向も強い。
一部には、ブラームスをしてベートーヴェンの後継者ととらえる人もおり、指揮者のハンス・フォン・ビューローは彼の交響曲第1番を「ベートーヴェンの交響曲第10番」と評した。
生涯 ハンブルクで生まれる。
彼に最初の音楽レッスンを行った父は、市民劇場のコントラバス奏者であった。
後年になってブラームスが語った話によれば、家の表札には「Brahmst(ブラームスト)」と書かれていたという。
子供の頃から「ブラームス」と頭に刷り込まれていたブラームスは、最後の「t」が嫌で、表札をしょっちゅう指でこすり、しまいには消してしまった。

Johannes Brahms (1833-1897) ドイツを代表する作曲家、ヨハネス・ブラームス。 →ブラームスを参照。 (引用元 Hatena Keyword)