芸能人・経営者のおくやみ情報

高松宮妃喜久子 氏

皇族[日本]

2004年 12月18日 死去敗血症享年92歳

高松宮妃喜久子 - ウィキペディアより引用
『宣仁親王妃喜久子』より : 宣仁親王妃 喜久子(のぶひとしんのうひ きくこ、1911年(明治44年)12月26日 - 2004年(平成16年)12月18日)は、日本の皇族で、高松宮宣仁親王の妃。
旧名、徳川喜久子(とくがわ きくこ)。
公爵・徳川慶久の次女で、母は有栖川宮威仁親王の第二王女である實枝子女王。
身位は親王妃。
お印は初めが亀(かめ)、結婚後は撫子(なでしこ)。
生涯 1911年(明治44年)12月26日、誕生。
母・實枝子は、威仁親王の3人の子女の間でただ一人、夭逝を免れた存在であった。
そのため、1913年(大正2年)より有栖川宮の祭祀を継承した高松宮宣仁親王の妃に、有栖川宮の血統をもつ喜久子が早くから擬されていた。
1929年(昭和4年)、女子学習院本科を卒業。
翌年2月4日、19歳の時に宣仁親王と結婚(この際、有栖川宮家に利子女王・邦芳王らの精神を病んだ者がいたため問題となった)。
結婚から2か月後、昭和天皇の名代となった宣仁親王と共に14か月にわたり欧米を周遊訪問した。
宣仁親王とは半世紀余りにわたって連れ添ったが、子供を儲けることは無かった。