訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

サミュエル・モールスSamuel Finley Breese Morse

発明家画家[アメリカ]

1872年 4月2日 死去享年82歳

サミュエル・モールス - ウィキペディアより引用
サミュエル・フィンリー・ブリース・モールス(Samuel Finley Breese Morse、1791年4月27日 - 1872年4月2日)はアメリカの画家、発明家。
モールス電信機を発明し、モールス符号に名を残した。
画家としても名を成している。
サミュエル・モースとも。
また、アメリカ合衆国における奴隷制確立を支持し、反カトリックと反移民運動も支援した。
生い立ち マサチューセッツ州チャールズタウン市(現ボストン市)生まれ。
父はイギリス移民の牧師で、「アメリカ地理学の父」と称されるジュディディア・モールス (1761–1826)、母はアン・フィンリー・ブリース (1766–1828) である。
父はカルヴァン主義の有名な伝道師で連邦党の支持者だった。
彼はピューリタン的伝統の保持を望み、連邦党がイギリスとの同盟と強い中央集権政府を目指していると考えていた。
教育についても連邦主義的枠組みを信じ、長男にはカルヴァン主義の道徳や慣習を教え込んだ。
マサチューセッツ州アンドーヴァーのフィリップス・アカデミーで学び、イェール大学に進学して宗教哲学や数学を学ぶ。

↑ PAGE TOP