芸能人・経営者のおくやみ情報

ハーバート・スペンサーHerbert Spencer

哲学者、社会学者[イギリス]

1903年 12月8日 死去享年84歳

ハーバート・スペンサー - ウィキペディアより引用
ハーバート・スペンサー(Herbert Spencer、1820年4月27日 - 1903年12月8日)は、イギリスの哲学者、社会学者、倫理学者。
イングランド、ダービーの非英国国教会(非国教徒)の家庭に生まれる。
教師であった父の方針で学校教育を受けず、父と叔父を教師として、家庭で教育を受けた。
16歳でロンドン・バーミンガム鉄道の鉄道技師として働き始め、空いた時間に著作活動を行なった。
1843年には経済誌『エコノミスト』誌の副編集長となった。
1853年以降は公職に就かず、在野の研究者として著述に専念。
著作が広く読まれるにつれ名声を得た。
駐英公使をつとめていた森有礼にも大きな影響を与えたといわれる。
思想・研究 スペンサーは1852年に『発達仮説』(The Developmental Hypothesis) を、1855年に『心理学原理』を出版した。
それから『社会学原理』『倫理学原理』を含む『綜合哲学体系』を35年かけて完成させるなど、多くの著作を出版した。