芸能人・経営者のおくやみ情報

ウジェーヌ・ドラクロワFerdinand Victor Eugène Delacroix

画家[フランス]

1863年 8月13日 死去享年66歳

ウジェーヌ・ドラクロワ - ウィキペディアより引用

フェルディナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワ (Ferdinand Victor Eugène Delacroix, 1798年4月26日 - 1863年8月13日) は、フランスの19世紀ロマン主義を代表する画家。
生涯 1798年、パリ近郊のシャラントン (現在のサン=モーリス) に生まれた。
父は外交官シャルル・ドラクロワだが、ウィーン会議のフランス代表として知られるタレーランが実の父親だという仮説があり、かなりの根拠がある。
新古典主義の画家ゲラン(en)に入門し、1822年、『ダンテの小舟』で先輩画家であるアントワーヌ=ジャン・グロの強力な推薦もありサロン(官展)に入選した。
1824年のサロンには『キオス島の虐殺』を出品する。
この作品は当時(1822年)実際に起きた事件を題材にしたもので、サロンでも賛否両論を巻き起こした。
グロはこの作品を「これは(キオス島の虐殺ではなく)絵画の虐殺である」とまで酷評したが、結局、作品は政府買上げとなった。
1830年の七月革命に際しては、有名な『民衆を導く自由の女神』を制作している。

:芸術家 Ferdinand Victor Eugène Delacroix(1798年4月26日〜1863年8月13日) ロマン主義美術を代表する芸術家。 ジェリコーの作品が新時代の美意識のマニフェストとすれば、ウジェーヌ・ドラクロワはその完成者であった。 彼はデビュー作『ダンテの小舟』で強い明暗と大胆な動感表現によって話題を呼び、『キオス島の虐殺』で古典的な肉付け方を棄て、『サルダナパールの死』で対角線構図にまとめられた東洋的主題、輝くような色彩、粗いタッチによる動感表現という完璧に反古典主義的な、つまりロマン主義的な作風を示した。 晩年彼の更に磨きをかけた色彩表現はそれ自体が自立した表現力を獲得しており、近代絵画の成立に彼が果たした役割の大きさを物語っている。 (引用元 Hatena Keyword)