芸能人・経営者のおくやみ情報

尚寧王(しょうねいおう)

琉球王国国王[日本]

1620年 10月14日 死去享年57歳

尚寧王 - ウィキペディアより引用
尚寧王(しょうねいおう、1564年(嘉靖43年) - 1620年10月14日(万暦48年/泰昌元年9月19日))は琉球王国第二尚氏王統第7代目の国王。
在位1589年 - 1620年。
王家分家である小禄御殿3世、尚懿・与那城王子朝賢(第2代尚真王の孫)の長男で、尚永王の娘婿。
童名は思徳金。
神号:日賀末按司添(てだがすえあんじおそい)。
前国王の尚永王には男子がなかったため、小禄御殿4世の尚寧王があとを襲った。
なお、この時代は後世の御殿(王家分家の称号)という概念はまだ未発達だったと考えられ、その本拠地から尚寧王一族を、尚清王の家系(首里尚家)に対して「浦添尚家」と呼称する文献もある。
尚寧在位中の1609年(万暦37年、慶長14年)に薩摩藩の島津氏に侵攻され、降伏した。
以後、琉球は日本(薩摩藩)と明の二ヶ国に両属することになる。
尚寧王は薩摩藩によって江戸に連行され、征夷大将軍の徳川秀忠に謁見、後に琉球に戻った。
慶長18年(1613年)、薩摩藩に奄美群島を割譲した。
第二尚氏の陵墓は玉陵であるが、尚寧王は浦添ようどれに葬られているとされる。

「尚寧王」と関連する人物(故人)