芸能人・経営者のおくやみ情報

池田行彦 氏

政治家、衆議院議員、外相[日本]

2004年 1月28日 死去直腸がん享年66歳

池田 行彦(いけだ ゆきひこ、1937年5月13日 - 2004年1月28日)は、日本の政治家、大蔵官僚。
位階は正三位。
勲等は旭日大綬章。
旧姓は粟根。
衆議院議員(10期)、総務庁長官(第7代)、防衛庁長官(第50代)、外務大臣(第124、125代)、内閣官房副長官(鈴木善幸内閣)、自由民主党政務調査会長(第42代)、自由民主党総務会長(第40代)等を歴任した。
妻・紀子の父は内閣総理大臣を務めた池田勇人。
姪・慶子の夫は衆議院議員の寺田稔。
来歴・人物 兵庫県神戸市生まれ。
父・粟根信行は行彦が7歳の時に死去し、その後、父の郷里である広島県広島市へ移る。
1945年8月6日の原爆投下時には被爆を免れた。
1951年、東京都へ転居する。
東京都立日比谷高等学校、東京大学法学部を卒業し、1961年に大蔵省へ入省する。
1964年から外務省に出向し、ニューヨーク総領事館に勤務する。
1968年5月に大蔵省に復職する。
元首相・池田勇人の次女・紀子と結婚し、以後池田姓を名乗る。
大蔵省では広島国税局間税部長や大平正芳蔵相秘書官を務め、1975年に大蔵省を退官した。

元自民党衆院議員 (故人) 池田勇人元首相の娘婿。1976年に初当選。外務大臣や自民党政調会長を歴任した。 2004年死没。その地盤を姪の夫の寺田稔が継いだ (引用元 Hatena Keyword)