芸能人・経営者のおくやみ情報

マックス・プランクMax Karl Ernst Ludwig Planck

物理学者[ドイツ]

1947年 10月4日 死去享年90歳

マックス・プランク - ウィキペディアより引用

マックス・カール・エルンスト・ルートヴィヒ・プランク(Max Karl Ernst Ludwig Planck, 1858年4月23日 - 1947年10月4日)はドイツの物理学者で量子論の創始者の一人である。
「量子論の父」とも呼ばれている。
科学の方法論に関して、エルンスト・マッハらの実証主義に対し、実在論的立場から激しい論争を繰り広げた。
1918年にノーベル物理学賞を受賞。
生涯 マックス・プランクは、1858年4月23日、当時ホルシュタイン公国に属していた港町キールに生まれた。
少年時代、母親の影響から音楽、特にピアノ演奏に関しては特異な才能を示したが、その他にも数学や歴史、古典語学などに興味があり、進路を決めかねて音楽家に助言を求めたところ「助言が必要なくらいなら音楽はやめた方がいい」と言われ、音楽家の道をあきらめたとされる。