芸能人・経営者のおくやみ情報

横山エンタツ 氏(よこやまえんたつ)

漫才師、エンタツ・アチャコ[日本]

1971年 3月21日 死去享年76歳

横山エンタツ - ウィキペディアより引用
横山 エンタツ(よこやま エンタツ、1896年(明治29年)4月22日 - 1971年(昭和46年)3月21日)は、大正・昭和期の漫才師・俳優である。
本名:石田 正見(いしだ まさみ)。
花菱アチャコとのコンビ(エンタツ・アチャコ)で、「万才」に代わり、「しゃべくり漫才」を発明。
今につながる漫才ブームを作った。
現在の(全国的に流布した)漫才スタイルの元祖である。
漫才作家秋田實の良き相談者として上方漫才、喜劇の興隆に大きく貢献した。
吉本新喜劇初期の出演者でもある。
兵庫県三田市横山に生まれ、祖父は藩医であった。
父も医者であった。
近所に軍人が多く父は日露戦争で軍医になったために祖父母のもとに預けられる。
日露戦争終了後父が姫路で開業医になったので家族で移り住む。
旧制兵庫県立伊丹中学校(現在の兵庫県立伊丹高等学校)を2年で中退し、馬賊になるといい家出し、職を転々とする。
関西大学の夜間に通った説もある。
1914年、新派綾田五郎一座に入り初舞台。
大正の初め頃にはソウル(京城)に叔父が住んでいたので頼ったが叔父は面倒みれないということで断念。