芸能人・経営者のおくやみ情報

松田権六 氏(まつだごんろく)

漆芸家[日本]

1986年 6月15日 死去心不全享年91歳

松田権六 - ウィキペディアより引用

松田 権六(まつだ ごんろく、1896年(明治29年)4月20日 - 1986年(昭和61年)6月15日)は、日本の蒔絵師。
人間国宝。
文化勲章受章者。
石川県金沢市生まれ。
7歳で蒔絵の修業を始める。
石川県立工業学校漆工科、東京美術学校漆工科を経て1943年(昭和17年) 東京美術学校教授に就任、以後36年間そこで教鞭を取る。
1947年(昭和22年)日本芸術院会員となり、1955年(昭和30年)には人間国宝に認定される。
伝統工芸の復興に力を尽くす一方で並木製作所の蒔絵万年筆(ダンヒル・ナミキ)の製作指導といった新しい蒔絵の模索も行っている。
1965年著書『うるしの話』で毎日出版文化賞受賞。
漆工芸史に名を残す名匠として、「漆聖」とも称えられた。
1896年(明治29年)現・石川県金沢市大桑町の農家に生まれる。
1903年(明治36年)(7歳)兄孝作(仏壇職人)について蒔絵漆芸の習得をはじめる。
1914年(大正3年)(18歳)3月、石川県立工業学校卒業。
4月、東京美術学校漆工科入学。
1919年(大正8年)(23歳)3月、東京美術学校漆工科卒業。

まつだごんろく [生]1896.4.20.金沢[没]1986.6.15.東京漆芸家。幼少より加賀蒔絵を習い,さらに東京美術学校漆工科に学び,古代漆芸の研究を深め,伝統をふまえた漆技に近代的な手法をも加味した独自の境地を開いた。1934年帝展審査員,41年東京美術学校教授,47年日本芸術院会員,55年には重要無形文化財技術保持者に認定され,63年文化功労者,76年文化勲章受章。主要作品『鷺蒔絵棚』(1938),『蓬莱図蒔絵棚』(43)。 (引用元 コトバンク)

「松田権六」と関連する人物(故人)