芸能人・経営者のおくやみ情報

ピエル・パオロ・パゾリーニ 氏Pier Paolo Pasolini

映画監督脚本家、劇作家詩人[イタリア]

1975年 11月2日 死去他殺享年54歳

ピエル・パオロ・パゾリーニ - ウィキペディアより引用

ピエル・パオロ・パゾリーニ (Pier Paolo Pasolini, 1922年3月5日 - 1975年11月2日) は、イタリアの映画監督、脚本家、小説家、詩人、劇作家、評論家、思想家。
生涯 1922年3月5日、ボローニャで生まれた。
軍人の父カルロ・アルベルトはベニート・ムッソリーニの命を救ったことで有名なファシストであり、幼少期のパゾリーニは父の軍務により、北イタリアの各地を転々とした。
元教師で芸術家気質だった母スザンナの影響を受け、パゾリーニは7歳で詩作を始めた。
その後、1939年にボローニャ大学に入学し、文学を専攻する傍ら映画にも関心を持つようになった。
第二次世界大戦中は母と二人で母の故郷フリウリ地方カザルサで教師として生活し、1942年にフリウリ語の方言で執筆した詩集『カザルサ詩集』を発表。
一方で終戦直前の1945年2月12日、反独パルチザンだった弟グイドが内部抗争で死亡し、この出来事はパゾリーニに多大な影響を与えたと言われている。

Pier Paolo Pasolini(1922-1975) 映画監督。 1922年3月5日、イタリア/ボローニャ生まれ。 1975年11月2日、他界。 ■詩人としてスタートし、第二次大戦中は教師などを務める。戦後は文筆活動に励み、小説“生命ある若者”がコロンビイ=クイドッティ賞を受賞。フェリーニの「カビリアの夜」の脚本に参加した後、1961年に「乞食」で監督デビュー。「アポロンの地獄」、「テオレマ」、「豚小屋」、「アラビアン・ナイト」、「ピエル・パオロ・パゾリーニ/ソドムの市」など強烈な描写を含む問題作を連発した。「ピエル・パオロ・パゾリーニ/ソドムの市」を撮った直後、その作品にエキストラで出演していた17歳の少年に撲殺される。パゾリーニは同性愛者であっため、この死は物議を醸し出した。 (引用元 Hatena Keyword)