芸能人・経営者のおくやみ情報

ジェルメーヌ・タイユフェール 氏Germaine Tailleferre

作曲家[フランス]

1983年 11月7日 死去享年92歳

ジェルメーヌ・タイユフェール - ウィキペディアより引用

ジェルメーヌ・タイユフェール(Germaine Tailleferre、1892年4月19日 - 1983年11月7日)は、20世紀フランスのクラシック音楽の作曲家。
パリ音楽院で学んだ後、個人的にシャルル・ケクランとラヴェルに師事。
シャブリエ、サティの影響を受けた快活でさわやかな作品を残す。
コクトーに「耳のマリー・ローランサン」と呼ばれた女性作曲家。
いわゆるフランス六人組のメンバーの一人。
生涯 イル・ド・フランスのサン=モール=デ=フォッセ出身。
本名はマルセル・タイユフェス(Marcelle Taillefesse)だが、横暴で家庭を顧みない父親への反感から、タイユフェールという姓に改めた。
修道院付きの学校に学んだ母親から、ピアノなどの教養を学んで楽才を発揮し、パリ音楽院への進学を許される。
音楽院ではダリウス・ミヨーやジョルジュ・オーリック、アルテュール・オネゲルと出逢い、親交を結んだ。
いくつかの学科で首席になり、18歳の時ハープ科の助教授カロリーヌ・タルデューのために、《タルデュー夫人のためのハープ小曲集 Petit livre de harpe de Madame Tardieu 》を作曲。