芸能人・経営者のおくやみ情報

ニコ・ティンバーゲン 氏Nikolaas Tinbergen

動物学者[オランダ→イギリス]

1988年 12月21日 死去享年82歳

ニコ・ティンバーゲン - ウィキペディアより引用

ニコラース・ティンバーゲン(Nikolaas Tinbergen, 1907年4月15日 - 1988年12月21日)は、著名なオランダ人の動物行動学者で、鳥類学者。
「ニコ」は通称。
オランダ語読みではニコラース・ティンベルヘン。
オランダのデン・ハーグ生まれで、ノーベル経済学賞の初代の受賞者、ヤン・ティンバーゲンの弟としても知られる。
他によく知られたルーク・ティンバーゲンという兄弟もいる。
1955年にイギリスの市民権を取得している。
1973年、コンラート・ローレンツ、カール・フォン・フリッシュと共にノーベル医学生理学賞を受賞した。
ティンバーゲンの研究は、一部は当時のアメリカ心理学界で有力であった行動主義への反発として行われた。
ティンバーゲンは動物の行動が環境刺激への単なる反応ではなく、より複雑な動物の内面の情動に起因すると考え、行動の生理的、現象的な側面だけでなく、進化的な側面の研究の重要性を強調した。
それに関連して示した生物学の4領域(ティンバーゲンの4つのなぜとも呼ばれる)は行動生態学など後の行動生物学分野の重要なフレームワークとなっている。