芸能人・経営者のおくやみ情報

エミール・デュルケームÉmile Durkheim

社会学者[フランス]

1917年 11月15日 死去享年60歳

エミール・デュルケーム - ウィキペディアより引用

エミール・デュルケーム(Émile Durkheim、1858年4月15日 - 1917年11月15日)は、フランスの社会学者。
デュルケム、デュルケイムなどと表記されることもある。
オーギュスト・コント後に登場した代表的な総合社会学の提唱者であり、その学問的立場は、方法論的集団主義と呼ばれる。
また社会学の他、教育学、哲学などの分野でも活躍した。
デュルケームはフランスのロレーヌ地方のエピナルで代々敬虔な信仰を保持したフランス系ユダヤ人の家系に誕生している。
父親と祖父はラビであった。
また彼の教え子と友人の多くはユダヤ人であり、血縁者であった。
しかし、彼自身は世俗的な人生を送っている。
事実、彼の業績の多くは宗教現象が天与の要素よりはむしろ社会的なそれに起因していることを実証したものであった。
彼はパリの高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリウール)で学んだ後、リセで哲学の教授を務めた。
1886年にはドイツに留学し、実証的社会科学の方法を学んだとされる。
翌年の1887年にはフランスに帰り、アルフレッド・エスピナスに招かれボルドー大学の職に就くとともに、ルイーズ・ドレフェスと結婚する。