芸能人・経営者のおくやみ情報

ビル・ボナンノ 氏

元マフィア[アメリカ]

(ジョゼフ・ボナンノの息子)

2008年 1月1日 死去享年76歳

サルヴァトーレ・"ビル"・ボナンノ(Salvatore "Bill" Bonannno,1932年 - 2008年1月1日)はマフィアのボスのジョゼフ・ボナンノの息子で3人兄弟の長男。
妻のロザリーはジョゼフ・プロファチの弟のサル・プロファチの娘。

10代の頃はメキシコへ銃を売りさばいている不良グループと付き合っていた。
若い頃は弁護士か外交官になろうと考えていた。
朝鮮戦争が始まると強制的に予備役将校訓練部隊に入隊する。
軍隊が気に入り職業軍人になろうか真剣に考えた。

1954年の春に宣誓式(オース・オブ・オフィス)を行いマフィアのメンバー(正式にファミリーの一員)になった。

1955年にロザリーにプロポーズをし1956年に結婚した。
シェラトン・アスターで行われた披露宴にはトニー・ベネット、フォーラッズ・シック・カンブリア・オーケストラや全米24のファミリーすべてが出席、上院議員、下院議員、判事もいて3000人を越える招待客が来た。
そのあとで結婚式がブルックリンの聖ベルネデッテ教会で行われた。
翌日ハネムーンでシチリアへ行く。
パレルモのターミナルには200~300人の人々が2人を歓迎した。
宿に泊まっているときにジョゼッペ・マガディーノ(ピーター・マガディーノの父親)と名乗る老人からボナンノ家とブチェッラート一族の争いの話を聞いた。