芸能人・経営者のおくやみ情報

クリスティアーン・ホイヘンスChristiaan Huygens

物理学者文学者数学者[オランダ]

1695年 7月8日 死去享年67歳

クリスティアーン・ホイヘンス(Christiaan Huygens 、1629年4月14日 - 1695年7月8日)(ChristianHuygensPronunciation.ogg listen) は、オランダの数学者、物理学者、天文学者。
かつてオランダの25ギルダー紙幣にその肖像が描かれていた。
生涯・業績 1629年4月14日 - ハーグに生まれた。
家は祖父も父も大臣を務めた名門であり、クリスティアーンの実父であるコンスタンティン・ホイヘンスは、オランダの詩人で作曲家でもあった。
1655年 - 数学と法律を学んでライデン大学を卒業した。
後に物理学を研究し、早くから曲線の求積などで数学の才能を発揮した。
1655年3月2日 - 自作した口径57mm、焦点距離3.3m、50倍の望遠鏡で土星の衛星タイタンを発見、さらにこの年のうち焦点距離7mの望遠鏡を製作し土星に付属する奇妙なものが環であると解明した。

「クリスティアーン・ホイヘンス」と関連する人物(故人)