芸能人・経営者のおくやみ情報

森恒夫 氏

連合赤軍中央委員会委員長[日本]

1973年 1月1日 死去自殺享年28歳

森 恒夫(もり つねお、1944年12月6日 - 1973年1月1日)は、日本の新左翼活動家。
連合赤軍中央委員会委員長。
高校は大阪府立北野高校出身。
高校時代は剣道部に所属した。
父は大阪市交通局に勤務していた路面電車(大阪市電)の運転士。
幼少より、在日韓国・朝鮮人の問題に関心があったという。
大阪市立大学中国語学科在学中に学生運動に飛び込む。
当初は構造改革派のフロントに所属していたが、後に共産主義者同盟関西派の田宮高麿と出会い、以降田宮の忠臣になった。
1965年11月、日韓条約批准阻止デモに参加し逮捕され、刑事に自供。
1969年6月、内ゲバで監禁されて自己批判を迫られたときは相手に従って自己批判し、「リンチにかけないでくれ」と懇願した。
1969年の7月6日の明大和泉校舎での関東派襲撃事件では直前で敵前逃亡し大阪に戻る。
そのあとしばらくして森はすべての任務を放り出して仲間の前に姿を見せなくなっている。
以上のような行動が問題視され、大菩薩峠事件で壊滅状態になった赤軍派で森の復帰話が出た際には田宮からは「森は度胸がない」と酷評されるも、議長であった塩見孝也の強い意向もあったことで復帰を許され、赤軍派に参加。

もり-つねお 1944-1973昭和19年12月6日生まれ。赤軍派にはいり,昭和46年京浜安保共闘と合体して連合赤軍を結成,最高幹部となる。群馬県下の山岳アジトを転々とするなかで,永田洋子とともに同志14名を粛清した。47年逮捕。自己批判し,昭和48年1月1日東京拘置所内で自殺。遺書に「銃撃戦と粛清」。28歳。大阪出身。大阪市立大中退。【格言など】私は革命の利益から考えて,有罪であり,その罪は死刑である(「自己批判書」) (引用元 コトバンク)

「森恒夫」と関連する人物(故人)